ITトータルサポート

HOME» ITトータルサポート »防犯カメラ・監視カメラ設置サポート

ITトータルサポート

防犯カメラ・監視カメラ設置サポート

  

 
 【防犯カメラと監視カメラの違いとは】
  時々、防犯カメラと監視カメラの違いについて、聞かれる事があります。
 基本的な定義は、下記のようになりま
  (防犯カメラ)・・・「映像を録画しておいて何かあったとき再生してみるもの。防犯として使うもの」
  (監視カメラ)・・・「人物や事象をライブで見るもの。なおかつ録画をして再生する場合もある」
 
 使用するカメラとしては、
  (防犯カメラ)・・・カメラの映像場所は固定されている場合が多く、
            カメラはパン・チルドの操作機能がない物を使用する場合が多い。
            定期的に、映像場所の見直しを必要とする場合がある。
  (監視カメラ)・・・カメラはパン・チルド機能付きのカメラを使用する。
            BNC出力のカメラで、パン・チルド機能付きは、高額なものが多く、
            主に、ネットワークカメラを利用する場合が多い。
 

 
 【弊社の役割】
 昨今、防犯意識が強まり、企業や自宅に関わらず、防犯カメラを設置する方が増えてきました。
 そんな中、必要以上の防犯カメラを取り付けたり、本当に防犯の必要な場所の映像を写せない場所に防犯カメラを
 取り付けているのを見かける事があります。
 
 そこで、実際に現場にお伺いし、環境など必要な調査を行った上で、有用な防犯カメラや監視カメラをご提案いたします。
 

 
お問い合わせは、必要事項を記入の上、
 下記のお問い合わせフォームよりお願いいたします。 
 
2013/05/13